お家のお悩み相談口
お家のお悩み相談口イメージ画像

みんなのお悩みをレスキューくまさんが解決! ハチの巣を作られたり、羽アリをみつけたり、屋根裏から音がしたりと害虫・害獣トラブルの相談やお家のトラブルに関する相談を受付しております。相談内容はまとめてサイトに随時アップしていきますのでお役立てください。

ニュース

  • シイタケ原木に害虫大量発生で危機 宮崎県北部

    宮崎県の美郷町を中心に、ガの一種「ヤマダカレハ」の幼虫が県北部で大量発生し、シイタケ生産への影響が懸念されています。 ヤマダカレハの幼虫はシイタケの原木となるクヌギの葉を食べるガの一種で、本州と九州に広く分布する在来種。 大量発生が確認されたのは県では初、他県でも事例は数例し...

    2016/10/19 12:24

  • スズメバチ発生で馬の待機所を変更 東京競馬場

    東京競馬場(東京都府中市日吉町)では15、16日の2日間、第4コーナーの出走馬待機所を使用中止にしました。 前週に第4コーナー付近の待機所の周辺で多数のスズメバチが確認されており、駆除のために14日までスズメバチの巣を捜索していましたが、発見できていなかったとのことです。 スズメバチの被...

    2016/10/17 13:30

  • 害虫の大量発生により、コスモスの見頃遅れる 長崎県佐世保市・展海峰

    長崎県佐世保市下船越町の観光名所、展海峰のコスモス園で、例年10月中旬となる見頃が今年は遅れています。 毎年約15万本のコスモスが満開を迎えるこの時期でもまだ一分咲きの状態。 今年の猛暑と少雨の影響で害虫のヨトウムシが大量に発生しており、コスモスの生育が遅れてしまっているとのこと...

    2016/10/17 13:25

  • 環境省よりツマアカスズメバチ生息状況調査結果が発表

    10月11日、環境省九州地方環境事務所は「福岡県北九州市等におけるツマアカスズメバチの秋期の生息状況調査結果」と題し、調査区域においての9月1日からの調査ではツマアカスズメバチは確認されなかったことを発表しました。現在特定外来生物であるツマアカスズメバチの脅威を食い止めるため、環境...

    2016/10/13 11:51

  • 佐賀県でトビイロウンカを対象とした病害虫発生予察注意報が発令

    10月5日、佐賀県農業技術防除センターは「トビイロウンカ」について病害虫発生予察注意報を発令しました。 トビイロウンカは稲を枯らす害虫で、収穫直前のこの時期に発生すると大きな被害を出します。 今年の夏は高温で雨が少なく、今後も気温が高い日が続くと予想されています。 トビイロウンカ...

    2016/10/06 15:52

  • 山形県でマラソン練習中に小学生7人がハチに刺される

    10月4日、山形県米沢市広幡町上小菅の市立広幡小の児童7人が首や腕などをハチに刺されるという事故がありました。 校舎から西側、約60メートル離れた山沿いの斜面の草むらに巣があった模様です。 6日に予定していた校内で行われるマラソン大会の練習をしている最中の事故で、事前に教諭8人がコー...

    2016/10/05 15:51

  • 奈良県でカメムシなどの病害虫発生予報が発表

    10月3日、奈良県害虫防除所(奈良県桜井市)は10月の病害虫発生予報を発表しました。当月の発生に注意を要する病害虫として、カメムシ類、ハスモンヨトウ、ミナミキイロアザミウマ、そして灰色かび病やうどんこ病などがあげられています。 近畿地方の向こう一ヶ月の気象予報では平年に比べて晴れが少...

    2016/10/04 11:34

  • 千葉市若葉区の公園で小学生ら男女6人がスズメバチに刺される

    10月1日の午後、千葉県千葉市若葉区の加曽利じゅん菜池公園で7歳から12歳の小学生の男女5人と、その保護者の37歳の女性がハチに顔などを刺され、病院に搬送されました。 「スズメバチに刺された」との119番通報があったとのことです。 被害にあった小学生らは頭や背中などを刺され病院に搬送され...

    2016/10/03 12:16

  • 佐賀県内全域にハスモンヨトウ多発注意報が発令

    9月28日、佐賀県農業技術防除センター(佐賀市川副町)は、多くの発生が予想され早期の防除対策が必要として、ハスモンヨトウについて病害虫発生予察注意報を発令しました。 ハスモンヨトウとは、チョウ目ヤガ科の蛾の一種でキャベツや白菜、大豆、その他の作物を食べてしまう害虫です。 発表による...

    2016/10/03 12:11

  • 沖縄県が県内でレプトスピラ症が発生していると発表

    9月28日、沖縄県健康長寿課は県内で過去最多のレプトスピラ症が発生していると発表しました。 レプトスピラ症はネズミやマングースなどの尿に潜んでいる細菌が原因で、その尿で汚染された土壌や水が感染経路になります。 潜伏期間の3日間から14日間を経て、頭痛、発熱、筋肉痛、結膜充血を発症。...

    2016/09/30 15:20